2015年03月10日

セックスは週7回しよう!ココロやカラダにとってもいい「9つのメリット」

写真 2015-03-10 6 34 23.jpg

週7セックス、大いに結構!

セックスは恋人同士が愛を確かめあうための、純粋で神秘的な愛の営み・・・。なんて、乙女ちゃんみたいな考えをまさか、あなたは抱いていませんよね?

【スポンサーリンク】





ぶっちゃけて言わせてください。セックスは毎日しよう!1回でも多くしよう。それはね、彼との愛を確かめるための行ないであると同時に、あなたのココロやカラダにとってもいいことだから。

1.免疫力が上がる

ペンシルバニア州ウィルクス大学の研究結果によると、週に何度もセックスをしていると、高い数値の免疫グロブリン(IgA)や抗体が身体で免疫力を強め、風邪にかかったり、その他のウィルスに感染する抵抗力をつけてくれるという。

2.血圧を下げる

高血圧はしばしば心臓発作や腎臓疾患を招く、万病のもと。でも、日々、セックスを営むことで、これらの大病を予防する効果があるようだ。セックスによる身体の動きが血管を拡張させ、高血圧を避ける作用があることが、生物学的心理を説いた文献のなかでも明記されているのだ。

3.楽しくカロリー消費

セックスは楽しいけど、ハードワーク。じゃない? じつは、30分のセックスで消費されるカロリーは平均144kcalだそう。相手を喜ばそうと、あなたがさらに燃えればその分だけ、カロリー消費は多くなる。ただ、頑張るのみ!

4.ストレスが緩和される

これはあなたの想像でなく、現実的なサイエンス。スコットランド・ペイズリー大学のStuart Brody教授によれば、「2週間に1回以上のセックスはストレスを溜め込まないためにも良い」と、心理学的見知からも、セックスが心にもたらす利点をあげている。

【スポンサーリンク】





5.若返る!

セックスは、保湿クリームやアンチエイジングを顔に塗り込む、わずらわしい時間からも解放してくれる。週に何回かセックスをする女性は実年齢よりも7〜12歳ほど、若く見えるとか。これは、女性ホルモンのエストロゲンがセックスによって、分泌を促進しているからだそう。

6.肩こりが緩和される

オーガズムのあと、あなたの身体には、快楽や興奮をうながす、アドレナリンやドーパミンとよく似た脳内麻薬エンドルフィンで満たされる。身体の緊張を和らげ、痛みやこりも解消される。

7.熟睡できる

セックスのあとは、とにかくよく眠れる。セックスの最中、ずっとエンドルフィンが放出されているため、あなたはストレスを感じることなく絶頂を迎え、そのままリラックスした状態で眠ることができる。

8.前立腺がんのリスク低下(男子)

アメリカ医学協会の発表によると、少なくとも月間、21回以上射精する男性は前立腺がんへの懸念が下がる傾向にあるようだ。

9.生理痛を和らげる(女性)

テキサス大学の精神生理学研究チームの見解では、「女性がオーガズムに達したとき、子宮は収縮傾向にあり、その過程で生理痛をの要因となる化合物を除去する働きが女性の身体の内で起こるという。

【スポンサーリンク】






【 人気記事TOP10 】

・セックスは週7回しよう!ココロやカラダにとってもいい「9つのメリット」


・【動画】海面に黒い影!まさか重油漏れ?その正体とは…!


・【動画】見ず知らずの人に服を脱がせてもらうと、何が起こるのか・・・。


・「性的アピールが強すぎる」ニュージーランド航空の機内安全ビデオがちょっとエッチ


・その卵、本当に安全ですか?あなたが知っておくべき「卵の真実」


・【ナースが聞いた】人生最後の瞬間に、後悔してしまう「10のコト」


・【あと5年】アナタの仕事は大丈夫?2020年までになくなる職業


・【動画】「壁ドンって海外の女性にも効果あるの?」「壁ドン」カルチャーを検証した動画が凄い!


・情報化時代ならではの遺言書、「もし自分が死んだら、Facebookのアカウントはどうなるの?」


・学校では誰も教えてくれない人生に必要な「15のコト」




posted by 情報屋 at 06:42 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。