2015年03月16日

これを裏返せば、アナタも成功に一歩、近づくかも・・・?「成功できない」人の10の習慣

写真 2015-03-16 11 19 14.jpg

ついついやりがち・・・。成功できない人の「10の習慣」

夢はあるけど実現は難しそう。憧れはあってもそもそも絶対無理だから「夢」とも言えないかも。成功している人の習慣は、どれもマネしようと思っても難しそうなことばかりだし。

そこで、発想の転換!今回は「成功できない」人の習慣を10個まとめてみた。これを裏返せば、アナタも成功に一歩、近づくかも・・・?

【スポンサーリンク】





写真 2015-03-16 11 19 17.jpg
01.
時は金なり・・・
「時間」の価値を知らない

何かをやろうと思ったら、十分な準備期間が必要。その目標に届かないのは、時間が足りなかったからでは?自分の身にならない飲み会への参加をさりげなく断ったり、家事の時短をはかったり、自分で時間を作り出すスキルも、成功するための大事なカギ。

02.
モッタイナイ!
自分で自分の限界を決める

「私にはムリ」「◯◯さんはすごいから・・・」知らず知らずのうちに、失敗したときのための予防線を張ってない?もしかしたらアナタが尊敬する◯◯さんとアナタの差は、ちょっと勇気を出してやってみるか否か、だけかもしれない。

03.
自分で仕事を探せない
与えられるのを常に待つ
写真 2015-03-16 11 19 24.jpg
仕事やチャンス、向こうからやってくるのを待っていては、一歩抜きんでることはできない。上司や先輩、消費者たちには、あなたが提案して初めて「ああ、それ欲しい!」と思う隠れたニーズがあるもの。自分からどんどん提案するクセをつけたい。

04.
目の前のことで精一杯
ゴールを認識していない
写真 2015-03-16 11 19 28.jpg
真面目な頑張り屋さんが陥りやすい落とし穴がコレ。いろいろ頑張っているはずなのに、全然ゴールに近づかない・・・と思ったら、一度落ち着いて、自分の目指すゴールと、それに必要なステップを書き出してみるといいかもしれない。気がつかないうちに、必要のないところに力を注いでいることって、けっこうある。

05.
1円を笑うものは1円に・・・
コスト意識が、まるでない

コピー用紙一枚だって、1回のタクシー代だって、チリも積もれば山となる。日々の心がけが夢を叶えるための資金になり得ることを、覚えておきたいもの。

【スポンサーリンク】





06.
一人では成し得ないのに
人に感謝しない
写真 2015-03-16 11 19 31.jpg
フリーランスの仕事や、自分がリーダーだったプロジェクト。もちろんアナタの頑張りは評価されるべきだけど、それって本当にアナタだけの力でできたこと?

目立たないところでも、サポートしてくれている人はたくさんいる。成功はみんなのおかげ、そう思っている人のところに、不思議とチャンスは集まってくる。

07.
どうせ無理だから・・・
ベストを尽くさない

ちょっと壁にぶつかったり、雲行きが怪しくなったり。そこで諦めてしまってないだろうか?ゴールはそのすぐ先かもしれないのに。ピンチの時ほどベストを尽くす、成功するためにはその強さが求められるのかもしれない。

08.
「自分がやったほうが早い」が口癖
周りの力をうまく使えない

自分にしかわからない仕事を作って、頑なに守ろうとする人、アナタの周りにもいるのでは?本人はそれで自分のポジションを守っているつもりでも、会社や組織は、ある程度仕事をマスターしたら後輩や部下にそれを渡し、また新しい仕事に挑戦してくれる人を歓迎する。いつまでも同じ仕事にすがっているようでは、ダメなのだ。

09.
人のせいにしてばかり
失敗から学ばない

上司とウマが合わなかったから、ちょうど時期が悪くて・・・いつも失敗を自分以外の人やモノのせいにしているのなら、要注意。実際にそれらによる影響が大きかったとしても、自分でもう少し工夫できなかっただろうか?その「ふり返り」をするかしないかで、成長の幅が大きく変わるはず。

10.
夢見るばかりで
実際に行動しない
写真 2015-03-16 11 19 39.jpg
いきなり大がかりなことを始めようとするから、大変だし、先延ばししたくなる。千里の道も、一歩から。イメージ・トレーニングだけではなく、小さなことからでいいから、実際に夢への一歩を踏み出してみよう。

【スポンサーリンク】





【 人気記事TOP10 】

・セックスは週7回しよう!ココロやカラダにとってもいい「9つのメリット」


・【動画】海面に黒い影!まさか重油漏れ?その正体とは…!


・【動画】見ず知らずの人に服を脱がせてもらうと、何が起こるのか・・・。


・「性的アピールが強すぎる」ニュージーランド航空の機内安全ビデオがちょっとエッチ


・その卵、本当に安全ですか?あなたが知っておくべき「卵の真実」


・【ナースが聞いた】人生最後の瞬間に、後悔してしまう「10のコト」


・【あと5年】アナタの仕事は大丈夫?2020年までになくなる職業


・【動画】「壁ドンって海外の女性にも効果あるの?」「壁ドン」カルチャーを検証した動画が凄い!


・情報化時代ならではの遺言書、「もし自分が死んだら、Facebookのアカウントはどうなるの?」


・学校では誰も教えてくれない人生に必要な「15のコト」




posted by 情報屋 at 11:28 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本中のなまけものさんへ。なまけものだって成功できる10の法則!

写真 2015-03-16 10 31 12.jpg

始められない、続けられない、だらだらしてしまう。世間ではネガティブなイメージがある「なまけもの」。でも、なまけものだって成功できる!
今日から始められるほんの小さな工夫を紹介しているのが、書籍『なまけもののあなたがうまくいく57の法則』だ。

「発想を変えてみる」というテーマから10の法則をピックアップ。
ズバリ、なまけものはひとつの才能です!!

【スポンサーリンク】





01.
なまけものである
自分を認める
写真 2015-03-16 10 29 56.jpg
自分がなまけものだと認めることに抵抗を感じる人もいるかもしれない。しかし、人は自分の弱みに気づいたとき、そして時間が限られていることに気づいたとき、はじめて「工夫」を考える。工夫とはマイナスから生まれるものだから、なまけものであることはひとつの才能といえる。
02.
あえて他人に流される
写真 2015-03-16 10 30 00.jpg
なまけものは、自発的に新しいことを始めるのが苦手。他人の力を借りることで、新しい自分を発見していくのもひとつの手。
03.
無能な働き者にならない

無能な働き者は、「量」ばかりに目を奪われがち。結果だけを気にして内容はあまり考えない。 効果を体感したいなら、もっと「質」を考える必要がある。
04.
思いついた順にやる
写真 2015-03-16 10 30 06.jpg
なまけものはノルマが嫌い。中途半端に優先順位をつけてしまうより、思いついた順にこなす方が懸命。とにかく「仕事をためない」ようにしよう。
05.
「最初の10日」に力を入れる

勉強も運動も、10日間続けてやってみれば何らかの効果を体感できる。そうやって脳と体に「気持ちよさ」を刷り込むことで後々ラクすることができるようになる。

【スポンサーリンク】





06.
「こうなったら楽しい」を想像する
写真 2015-03-16 10 30 12.jpg
「大きな夢を持て」とか「成功した自分をイメージしなさい」といった話はよく耳にすると思う。しかし、あまり大きすぎる夢を漠然と思い描いても、現実との距離感が計れず、道筋が見えないので、あまり効果はない。まずは、もっと身近な「こうなったら楽しい」というレベルの将来をイメージすることが大切。
07.
自分に厳しくしない

子育てをイメージして欲しい。「お前はここがダメだ」と否定ばかり繰り返していたら、その子は伸びない。長所を見つけてあげて、そこを褒めていけば勝手に伸びていくのが子ども。われわれ自身も、自分の中に「わたしという子ども」を育てているような気持ちになって、否定語を使わず、できるだけ褒めてあげよう。
08.
「続けること」に努力をしない

継続ではなく、習慣化を目標に。ひとたび習慣となってしまえば、あとは簡単。気合いや根性も要らないし、気分的にはいくらでも怠けられる。
09.
寝つきをよくすれば
悩みはなくなる
写真 2015-03-16 10 30 17.jpg
考え事が多いから眠れないのではなく、
眠れないから余計なことを考えてしまうのだ。
10.
変えられないものは比べない

自分の力では変えられないことについて考えてもどうにもならないし、それは競争心ではなくて嫉妬心。自分の「変えられるもの」と「変えられないもの」については冷静に判断できる目を持たなければならない。

【スポンサーリンク】





【 人気記事TOP10 】

・セックスは週7回しよう!ココロやカラダにとってもいい「9つのメリット」


・【動画】海面に黒い影!まさか重油漏れ?その正体とは…!


・【動画】見ず知らずの人に服を脱がせてもらうと、何が起こるのか・・・。


・「性的アピールが強すぎる」ニュージーランド航空の機内安全ビデオがちょっとエッチ


・その卵、本当に安全ですか?あなたが知っておくべき「卵の真実」


・【ナースが聞いた】人生最後の瞬間に、後悔してしまう「10のコト」


・【あと5年】アナタの仕事は大丈夫?2020年までになくなる職業


・【動画】「壁ドンって海外の女性にも効果あるの?」「壁ドン」カルチャーを検証した動画が凄い!


・情報化時代ならではの遺言書、「もし自分が死んだら、Facebookのアカウントはどうなるの?」


・学校では誰も教えてくれない人生に必要な「15のコト」




posted by 情報屋 at 10:36 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【アニメ】広い世界に目を向けよう。みんなと同じそのレール、正しいですか?

写真 2015-03-16 10 05 54.jpg

日本の就職活動。同じスーツを着て、同じ靴を履いて、同じような受け答えを繰り返す面接に意味があるのだろうか?

【スポンサーリンク】





過去に多く見られ、このシーズンになると非常に見られている、就職活動の風刺アニメ。

「個性を伸ばそう」という教育方針を聞く機会は少なくないが、本当に個性を伸ばす教育が今の日本にできているのか、疑問に感じる人もいる。それを象徴するのがこの動画だ。就活に疑問を感じていた当時東京芸大大学院生だった吉田まほさんが制作した風刺アニメーションだ。

まわりと全く同じに動き、媚を売る就活生がまるでロボットのように表されている。



世界の就職活動って?

■アメリカ

アメリカの就活は、何よりスキルが重視される。これから頑張るという意気込みではなく、実際に面接に臨むまでに何をしたか、どんな経験をしてきたかが大事とされる。

■ヨーロッパ

ヨーロッパには新卒一括採用という概念自体がない。大学で学んだことを活かせる職に就くのが一般的とされている。また大学生の時に、Gap Yearという制度を利用して一年間休学をして旅に出たり、海外でインターンをしたり、自国の会社でトライアルで働いたりする人も多い。

■韓国

韓国には新卒採用がない。同時期にいっせいに就活をするというような習慣がないのだ。会社側は欠員が出たら募集をかけるというイメージだ。「新卒枠」と「中途枠」という分け方がないため、「如何に戦力になるか」という点が重視される。アメリカと同様、スキルが重要になることには違いがない。



映像のような就活は、日本独特のものとも言えるのだ。動画のラストは、主人公が頬を叩いて気合いを入れて、駅の改札へと走って行く。その表情は、前半にある同様のシーンとはまったく違ったものだった。

仕組みにとらわれてはいけない。他の人と同じレールに乗ることが正しいことではない。就活がいくら画一化されても、あなたはあなたでしかないのだ!広い世界に目を向けよう。


【スポンサーリンク】





【 人気記事TOP10 】

・セックスは週7回しよう!ココロやカラダにとってもいい「9つのメリット」


・【動画】海面に黒い影!まさか重油漏れ?その正体とは…!


・【動画】見ず知らずの人に服を脱がせてもらうと、何が起こるのか・・・。


・「性的アピールが強すぎる」ニュージーランド航空の機内安全ビデオがちょっとエッチ


・その卵、本当に安全ですか?あなたが知っておくべき「卵の真実」


・【ナースが聞いた】人生最後の瞬間に、後悔してしまう「10のコト」


・【あと5年】アナタの仕事は大丈夫?2020年までになくなる職業


・【動画】「壁ドンって海外の女性にも効果あるの?」「壁ドン」カルチャーを検証した動画が凄い!


・情報化時代ならではの遺言書、「もし自分が死んだら、Facebookのアカウントはどうなるの?」


・学校では誰も教えてくれない人生に必要な「15のコト」




posted by 情報屋 at 10:11 | Comment(0) | 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。